大阪大学大学院工学研究科 環境・エネルギー工学専攻 共生環境デザイン学講座
環境設計情報学領域(矢吹研究室)
Environmental Design and Information Technology Laboratory (Yabuki Laboratory)
Division of Sustainable Energy and Environmental Engineering, Graduate School of Engineering, Osaka University
総説・報告等
 

   2014年度

1. 矢吹信喜:無線センサネットワーク利用による土木構造物のモニタリングに向けて,電子情報学会誌,Vol.97, No.8, pp.684-687, 2014.
2. Nobuyoshi Yabuki: (Invited Lecture),Trend and Issues in Application of ICT to Geotechnical Engineering, The 2nd Korea-Japan Round Table Meeting, Korea Geotechnical Society and Japan Geotechnical Society, Seoul, Korea, 2014.
3. 矢吹信喜:超広帯域通信ICタグと3次元モデルを用いた建設施工管理システム,建設機械施工Vol.67, No.2, pp.87-91, 2015.
4. 矢吹信喜:[寄稿]CIMと建設生産システムの変革:データの共有と協調的で柔軟なプロジェクト推進方式,SCOPE NET, Vol.69, pp.3-7, 2014
5. 矢吹信喜:[特別寄稿]海外における土木分野へのBIM (CIM) の活用と国際規格化の動向,JSSC2014.Spring, No.17, pp.8-9, 2014.
6. 矢吹信喜:[随筆]大切なことは・・・・・コンクリート工学,Vol.52, No.6, p.551, 2014.

 

   2013年度

1. 矢吹信喜:地盤工学におけるICT利用に関する土木情報学的な課題と展望,地盤工学会誌,Vol.62, No. 2, pp.1-3, 2014.2.
2. 矢吹信喜:[招待講演]情報通信技術を駆使した「国土基盤モデル」-実社会基盤とサイバーインフラストラの統合-,電子情報通信学会,信学技報,Vol.113, No.328, pp.61-66, 2013.11.
3. 矢吹信喜:CIM実現に向けての3次元プロダクトモデルの必要性と課題,建設マネジメント技術,pp.54-57, 2013.6.
4. 矢吹信喜:[特別寄稿]土木情報学の提唱と土木建築情報学国際会議の設立,JACIC情報,No.109, pp.5-12, 2013.11.
5. 矢吹信喜:[Interview] インフラ保全にはセンサとプロダクト・モデルが不可欠,日経エレクトロニクス,2013.9.30, pp.36-41, 2013.

 

   2012年度

1. 矢吹信喜:CIM が土木分野に与える影響,OGI Technical Reports, Vol.20, pp.i -viii, 2012.12.
2. 矢吹信喜:三次元設計実現のための国際的な活動,CFK NETWORK, pp.3-4, 2012.
3. 矢吹信喜:海外のCIM事情,建設ITガイド2013, pp.86-92, 2013.2.
4. 矢吹信喜:CIMと土木情報学のスタート,The Journal of Survey 測量,pp.4-5, 2013.3.
5. 矢吹信喜:情報化施工:二期目へ向けて,JCMA関西,Vol.102, p.1, p.7, 2013.

 

   2011年度

1. 矢吹信喜:VR,MR,AR の基礎と建設分野への適用について,JACIC 情報,103 号,Vol.26, No.3,pp.5-16, 2011.10.
2. 矢吹信喜,Charles Woodward:フィンランド国立技術研究センター(VTT)におけるAR とMRの建設分野への応用について,JACIC 情報,103 号,Vol.26, No.3, pp.17-21, 2011.10.
3. 矢吹信喜:次世代都市に向けたサイバーインフラストラクチャと実世界の統合化,東日本大震災と次世代都市「スマートシティ」-災害に強い環境配慮都市-,日本建築学会 建築・都市の情報基盤と社会システム特別研究委員会,2011 年度日本建築学会大会(関東)特別研究部門パネルディスカッション資料,pp.30-33, 2011.8.
4. 矢吹信喜:RFID を用いた協調的なプレファブ住宅建設施工支援情報システム-RF タグを付けたプレファ
ブ部材による管理と不測の事態への対応-,自動認識,pp.42-46, 2011.4.

 

   2010年度

1. 中村定明,横田勉,矢吹信喜:3次元プロダクトモデルを利用した施工管理技術,プレストレストコンクリート,Vol.52, No.6, 103-108, 2010.11.
2. 矢吹信喜:ICタグを用いた協調的な施工支援情報システム=プレファブ住宅情報施工現場の問題解決に向けて=,建設機械,43-46, 2010.11.
3. 張田,福田知弘,矢吹信喜:スマートフォンでの位置情報取得システムの誤差解析,日本建築学会・情報システム技術委員会 第33回情報・システム・利用技術シンポジウム論文集(報告),123-126, 2010.12.

 

 

Osaka Univ.